• メールマガジン
  • ショッピング
  • 米・野菜の定期宅配
  • ブックス
  • レストラン
  • ペット
  • ブログ
  • リンク

自然栽培の専門店。有機・無農薬野菜&玄米・自然農法ファンの宅配通販

ハミングバードショッピング

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリーから選ぶ
生産者から選ぶ
商品名を入力

ログイン

メールアドレス
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

12,000円以上お買上げで送料無料!
無農薬・自然栽培(農法)・有機JAS・自然食品のフリーキーワード検索
旬の野菜とフルーツ
ただいまの注目商品 入荷情報
発酵するお米 腐敗するお米
生命力の高い食事がヒトの細胞を元気にする
月刊ハミングバード メールマガジン
月刊ハミングバード ブックス

自然栽培生産者 泉ヶ岳ふもとすずめ農園

自然栽培生産者
泉ヶ岳ふもとすずめ農園

~今年の想い~ 鴇田美穂
すずめ農園をはじめて、2016年で5回目の自然栽培稲作が終わりました。
自然の循環や法則に寄り添うような食と農、自然の恵みに心から感謝できる、そういうやり方ができたら、人も、たくさんの生きものも、きっともっと幸せになれると信じて始めました。

双子の姉・美里と、そういう想いだけで、自然栽培のお米づくりを中心に、農作業体験のイベントや、加工品づくり、料理教室など、できることはなんでもやってみようとがむしゃらに進んできたような気がします。実践してみて、5年にもなるのにまだまだ田んぼのこと、稲のこと、わかってあげられなくて、わかってあげたくて、稲をみながら日々「今日はどうしよう。明日はなにしよう。」と悩んで考えて作業する一年でした。

でもそれは、私にとっては大きな進歩だったのです。去年までは、自然栽培をやっている人の話を聞いて、木村秋則さんの本で読んで、自然栽培ではこうするもの、というだいたいのやりかたを、ただただやっているような感じでした。

今年はそういう意味で、いままでの知識を一度捨てて、一から田んぼに向き合うことができたように思います。そしてわかったことは、ひとつひとつ田んぼによって、状態は違っていて、どんな場所にあるのか、どんな土質なのか、自然栽培を始める前にはどんな栽培方法がされていたのか、それによってぜんぜん違うということ。
だから、きっと、「自然栽培」と一言に言っても、ひとつひとつの田んぼに最善の自然栽培はまったく同じではないこと。 よくよく考えれば、当たり前なのですが、私はやっとそのことが腑に落ちた年になりました。耕起や代かきのタイミングや爪の深さ、水の管理など、稲を見ながら、自分で感じて考えて行動することの難しさと面白さを、知ることができました。

こんな歩みの遅い私ですが、分からないなりに今まで続けたことを、田んぼは褒めてくれているみたいです。今年、土の匂いが変わっていることに気が付きました。素手で除草をしていると、手に土の匂いがつきます。
去年までは、その土の匂いが、 まるで血のように鉄っぽかったり生臭かったりしたのですが、 今年は炊いたごはんのような、母乳のようないい匂いになっていました。
どの作業が影響したのか、これが土が変わったということなのか、わからないのですが、私にとってはうれしくなる変化でした。田んぼから生まれ出るイナゴも赤トンボも例年より多かったように思います。微生物も昆虫も、いろんなたくさんの生きものと一緒に、稲を育めるようなそんな田んぼをめざして、来年もまた自然栽培に取り組みたいと思っています。
すずめ農園の「ササシグレ(玄米)」はこちら すずめ農園の「ササシグレ(精米)」はこちら